Delta in the Darkness

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Fate/stay night[Realta Nua] 】Fateルートクリア

いわゆる一番最初のルート、セイバー編終了。
アニメの大本となった話だから、どんなストーリーか知ってはいたのだが……



なんかもう、

 【Fate】ルートだけで

   お腹一杯なんですけど(;´Д`)



正直、演出も凄いと思った。
アニメーションなんかないのに、絵が“動いて”いた。
カメラワークとか、本気でもう凄いと思った。

いつか同人ゲームが創りたいとか、
そのためプログラムの勉強しようとか考えてたが、
いいゲーム作りたいならもう素直にプログラマー探したほうが良いと、
本気で思った。

俺は俺で物語作るのに専念しろよ、と。

実はTYPE-MOONのゲームをプレイするのは始めて。
奈須きのこ先生の文章にちゃんと触れたのも、これが初めてなのだが、


もう正直心鷲掴み。


てか自分の琴線クリティカルヒット。

つくづく、物書きとは不思議だなと。
今回目が行ったのは文章の“表現”。

奈須先生が使ってるのは日本語。
自分が使っているのも日本語。

そして互いの頭に入っている単語数に、そう大差はないはず。
違うのはその単語の組み合わせ方。


言葉のコーディネイト。


例えば自分が「セイバーの召喚シーン」を書いた場合、
あんな表現は出来ない……。

奈須先生が使った言葉は全部俺が知っている日本語だが、
自分ではあんな表現は出来ません。

言葉って不思議だと改めて思った。

別にセイバーの召喚シーンに限らず、至る所でそれは感じた。
“文章が綺麗”だと、本気でも思った。

無論万人がそう感じるわけではないだろうが、もう自分にとっては
琴線クリティカルヒットなのでございますですよ。

さぁ、明日からは別のルート行きますですヽ^シ'ω')ノシ


あ。

[ひぐらし小説大賞]は無事完成。
  送信しますたヽ( ´ー`)ノ
スポンサーサイト

[ひぐらし小説大賞 奮戦記]あ?

〆切りも目前と迫った今日この頃。
終盤ドタバタした感もあったが、何とか無事終わりそう。

ところが……



失念していた。



一番最初に書き上げた、400字以内のあらすじ。
改めて見るとこれ[あらすじ]ぢゃない……


[予告]だ(;´Д`)


ようは、「彼らの待ち受ける運命とは……!」的な終わり方をする物。
しっかり物語の全体を掻い摘んで、初めて[あらすじ]になる。

いかん、素人じみたミスを……
いや、素人か(;´Д`)

締め切りまで後二日。
明日には送ろうかな。

[ひぐらし小説大賞 奮戦記]大幅修正

ここに来て大幅修正です。
時間的にはまだ何とかなるところ。

本日頼んでいた校正が到着しました。
やはり他人の目に見てもらうのはいいです。

自分では先入観とか思い込みが働いてなかなか間違いを認識しません。
自分以外に見てもらうことが重要であると再確認しました。

そんな中で、書いていたときから感じていた違和感をズバリと指摘される。
基本コメディ路線なのですが、一部シリアスを入れています。
そのシリアスの度が、少し濃すぎる。

コメディの中に多少真面目な話を入れるくらいならいいかもしれませんが、
これは多少というレベルではなく、
これをもっと話し広げて一本作ったらというレベル。

当初ここまでシリアスなエピソードにする予定ではなかったのですが、
組みあがったのが思いの他綺麗に纏まっていたので……。

書いた本人、非常に気に入ったエピソードなのですが、
全体から見ると、やっぱり明らかに異質な箇所になってます。

なので削除

とは言っても、綺麗に修正して上手く使えそうです。
      アークメイジ
出でよ導 師悟史

というかアレですな。これにより、若干字数に余裕が出来る……。

圭一vs赤坂戦復活ヽ^シ'ω')ノシ

ひゃっほー⊂⌒⊃。Д。)⊃

> しかし「呆れる」を「飽きれる」と書く誤字が
> 何度も連発したのには呆れました。

アー!?Σ( ̄口 ̄)

その誤字は流石に恥ずかしかた・゚・(ノД`)・゚

プロット斬り棄て御免

ただいまFateのプレイをそこそこに、ちょっと自作小説のプロットを
斬っては捨て、切って捨てを繰り返してます。

詳細は明確になってから知らせますが、オリジナル小説を書くことになるかもです。
で、そのためのプロットを切っては捨て、切っては捨てを繰り返しているのですが……

どうも納得のいくものが出来ない(´・ω・`)ショボーン
なので舞台設定だけでも、大昔に書いた作品から拝借。

これが大当たりヽ( ´ー`)ノ

高校から大学にまでかけて書いてた、付き合いが最も長い作品。
筆を置いて五年たった今でも、世界観設定が自分の中でしっかりありました。

舞台が整うと、キャラや物語が出来る出きるヽ( ´ー`)ノ
思えば7年間も書き続けた作品の世界……。おいそれとは忘れないか……。

20070523004747.jpg


ふと、その昔の作品を引っ張り出してみる。
どれもオフセット本など出来なく、学校の印刷機を使って製本したコピー本。

改めて読み返してみて……

文章がコっ恥ずかしい(;´Д`)

なに書いてんの俺(;´Д`)
ナニ言ってんの俺(;´Д`)


まさか自分が厨ニ病に感染していたとは!!

俺が死んだら一緒に墓にぶち込んでください(;´Д`)

【Fate/stay night[Realta Nua] 】解禁ヽ( ´ー`)ノ

やっとこさ解禁。ほくほくしてプレイしておりますヽ( ´ー`)ノ
PC版はやったことないンだけど、いいね~……。

以前ある人とアニメ版Fateの話が出たのだが、
「アニメよりゲームの方が動きが良い」と言っていたのを聞いて、え? と思ってました。

いくらなんでもアニメーションしているほうが、
動きがあるって良いに決まってると思っていたのです。

しかし実際にプレイしてみてなるほど、これは正直凄いと思った。
文章、音楽、演出でここまで出来るのかと、正直いって驚いた。

これから楽しい時間が過ごせそうですヽ^シ'ω')ノシ

ところで、これプレイ総時間てどれくらい?

ひぐらしみたいに100時間は超えないね?(;´Д`)

追伸。

別件入ってきて、微妙に中断するかも(´・ω・`)ショボーン

[ひぐらし小説大賞 奮戦記]ほぼ完成

ほぼ完成を迎えました。現在校正中。あと600字ほど削ればOK。
イリーの固有結界を削れば事足りるのですが……



ここ削るくらいなら舌噛み切る



結構いろいろなエピソード削りました。そもそもプロットの段階で大誤算。
20,000字でかける話ぢゃねー(;´Д`)

ああ、書きたかった圭一vs赤坂……。

「行くぜ徹甲弾。弾の貯蔵は十分か?」

結果発表されたら完全版と称してここにUPしませうかw

もう一作品、作成するかは現在考え中。
リハビリのつもりで始めた今回の挑戦。勘は結構戻ってきた。

プロットはいくつか切ったんですが、どうもしっくりこない(´・ω・`)
次作るにしても、今度はしっかり20,000字を終わる作品を……(;´Д`)

しかし、改めて見直すと、いろんな意味でヤヴァイ作品にw
ファンタジー部門からコメディ部門に転身するべきかw

フルーツバスケット最終23巻

妹のところからラスト18巻~23巻まで一気に借りてくる。
読んでる時は何とか耐えられたが……読み終わった後、


For フルーツバスケット


これを見たらもう耐えられませんでした・゚・(ノД`)・゚

これの歌詞……誰書いた……。
うぉ、第7回アニメーション神戸AM神戸賞(主題歌賞)受賞してはる。

作詞・作曲・唄:岡崎律子
最終23巻を見たから言えますが……まさにこの歌詞forフルーツバスケット

いまさらですが、高屋奈月先生お疲れ様でした。
一時の休載時は心配しましたが、素敵なエンディングありがとうございます。

……なんかこう……ここでいろいろ語るのは無粋な気がしてきました……。
まだ未読な人は、是非お奨めヽ^シ'ω')ノシ

この作品アニメ化もしたんですが、上のOPでお分かりの通り、非常に出来いいです。
確か近日中にDVD-BOXが出るはず……。あー買うかも……(;´Д`)
※もう発売してました(;´Д`)

アニメ第二期……やってくれないかなぁ……。

[ひぐらし小説大賞 奮戦記]これだけは……譲れん!!

字数が足りない、字数が足りないといいながら、
絶対に削らないどころか、加筆を繰り返す箇所がある……。


メイド

   イン

      ヘヴンッ!!!



誰か俺を止めてください(;´Д`)

イリーの固有結界を書いていたら止まらないくなったw
イリーですからね、自分の思想ではないですからね、と心の中で繰り返しながら(;´Д`)

もう関俊彦ボイスが、頭の中でガンガンにで叫ぶのですよw
書かない訳にはいかないじゃないですかwww


さぁ叫びなさい! 私と共に、いま、雛見沢より、愛を込めてぇぇぇぇぇ!!


メイド

   イン

      ヘヴンッ!!!


[ひぐらし小説大賞 奮戦記]一本目佳境

何とか力技ですが、話がまとまりそうです。今日明日にでも完成。
一時はページ足りなくて、根本から作り直そうかとすら……(^ ^;

あ、そうそう


埋葬者シエル戦は全カット


「そんな戦いがあった」的存在に(;´Д`)
流石に第七聖典はぶっ放せないかなと……いろんな意味で危険。

ページもないし(本音)

この調子ならもう一本作って投稿できそうですが、どんな話しにしようかと……。
友人から非常に面白そうなネタをもらったのですが、いざプロットを切ると、非常に難しい。
オリジナルキャラクターが出てくるのですが、どうも部活メンバーとの絡みに違和感が……。

第一回の小説大賞を見ても、オリキャラが部活メンバーと絡んだ作品で、
入選しいてるのがないです。

原作を基盤としたオリキャラ(美音とか成人圭一とか)は結構みかけられましたが。
入選したのは、全登場人物まるまるオリキャラにした【リトル・デーモン】だけ。

多分、選考した人たちも何かしらの違和感を感じたのでないかと。
初めて二次創作をやっている身で恐縮ですが、おそらく
“二次創作物の中に一次創作物を混ぜる難しさ”なのではと思います。

前回もちらっと書きましたが、二次創作のキャラや世界は、
既に作者と読者の間で“共通の認識”がある程度成り立っています。

そこに“作者のみの認識”、つまり一次創作物を混ぜるわけですから、多分、
話を綺麗に積み上げて読者に提示していくのに、かなりの技量が求められるのだと思います。

そんな訳でして、二作目は鋭意試行錯誤中。

まぁ、その前に一本目さっさと上げろと(;´Д`)

[ひぐらし小説大賞 奮戦記]トラブル発生

不安は始める前からあったのです……。
ええ、あったのですよ……。それが的中。


字数上限足りねぇ⊂⌒⊃。Д。)⊃


今回の小説大賞。規定は15,000字~20,000字。
±50字~100字は許容してもらえるので、実質上限は20,100字。

執筆開始から数日を経て、現在『起・承・転・結』【起】が終了。

既に9,000字超え。

無理だぜ無理無理、収まりっこねぇ(((;゚д゚)))ガクガクブルブル
ぶっちゃけ、昔から……ショートストーリー作るの苦手でした|||〇| ̄|_

せめて30,000字に……(;´Д`)

もうアレだ、【承】まるまる削るか……。
いあ、話が繋がんねーよ(;´Д`)

もうあれだ、いっそ

埋葬者(エクスキュージョナー)シエルでも出……

それ(・∀・)イイ!!

唐突に方向性が決まるヽ^シ'ω')ノシ

[ひぐらし小説大賞 奮戦記]執筆開始

プロットも定まり、いよいよ執筆開始。

二次創作楽しいヽ( ´ー`)ノ

順調に進んでおります。

今まで一次創作ばっかりだったけど、なるほどこれは楽しいわ……。
登場人物をしっかり捕らえてると、恐ろしいくらい筆が進む。

一次創作だと、人物を捕らえる頃には大抵エンディング付近だったりするので、
折角筆が走り出しても意味がないことが多い。

ただ二次創作だと、自分のキャラクターに対する捕らえ方が
他の人とずれてやいないかと、不安が残る。

一次創作の場合、ぶっちゃけ作者が神だ。新世界その世界の神だ。
何だかんだでキャラクターの性格、世界の設定、etc.etc.の最終決定権を持つ。
(当然、好き勝手にやると読者が受け入れてはくれないが)

が、二次創作の場合、当然、基盤となる人物像は既にあるわけで、
これを上手く使えば読者との作品(世界)の共感を綺麗に行える半面、
誤るとそれだけで拒絶を起こしかねない。

なので言葉使いとかは結構気を使う。

特徴的な話し方するキャラ多いし

「ああんもぅすったらん! あんじょうすったらん!!」
雛見沢訛りって何弁?(;´Д`)

そんなこんなを注意しつつ、楽しみながら順調に筆が進む。

んがしかし、

問題発生。

次回へ続くヽ^シ'ω')ノシ

 | HOME | 

《プロフィール》

真神 剣輔

Author:真神 剣輔
携帯ゲームサイトの【開発】ディレクター。
最近【運営】のウェイト重めですが
(´;ω;`)

《はじめに》

案内事項

《カウンター》

《QRコード》

QR

携帯からも見られますヽ^シ'ω')ノシ

《最近のコメント》

《カテゴリー》

《アーカイブ》

《ブログ内検索》

《RSS》

《リンク》

このブログをリンクに追加する                   ※順不同敬称略m(__ __)m

《Amazon》

《魔法使いの夜》

『魔法使いの夜』応援バナー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。