Delta in the Darkness

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ef - a tale of memories.」

俺的2007年最優良作品。
 
昨日、遅ればせながら録画していた最終話を観ました。

素晴らしかった。感動した!

各所で大絶賛されていたので、観るのを楽しみにしていたのですが、
昨日になってようやくありつけることに……。

もうオープニングから凄かったです。
OPテーマは英語だったのですが、この時だけ日本語。

なので大半の人が飛ばさずに観たと思います。
自分自身好きな曲なので、いままで一度も早送りで飛ばしたことはないですが。


そしたら……


このOP、実はヒロイン達に不吉を連想させる描写があるのですが……


全ては最終話OPへの伏線でした!!!


このOPで一気にテンションUP。
そして本編も、素晴らしいストーリーでフィナーレとなりました。

この作品の主人公達は、別に異能な力を持っている訳でもないいわゆる
普通の男の子達なのですが、いやはいや、久しぶりに
“普通の格好良さ”を見せていただけましたm( __ __ )m

てか蓮治君カッコイイよカッコイイよ蓮治君ヽ^シ'ω')ノシ

原作は18禁のPCゲームなのですが、そこから流用した
主題歌やBGMの使い方、演出面がもう見事で。感無量でした。


最終話の蓮治君の疾走シーンの演出なんか特に。

「それは、僅か45秒未満の邂逅だった」

「昨日の私から、明日の私へ……」


僅か12話のラブストーリー。
未見kvs必見ヽ^シ'ω')ノシ

忘れたくない想い、ありますか?
スポンサーサイト

年末進行二週間休載

タイトルの通りですm( __ __ )m
 
第一章 賭場荒らし(後編)は1/7(月)の掲載となります。
年末のゴタゴタなどでいろいろ手が回らずです。

ここまで毎週確実に掲載していましたが(我ながら良くやったよ……)。
あまりそこに拘るべきではないと思いまして。

それに後編は少し長くなる予定でして、
【賭場荒らし】というタイトルをつけてしまった以上、
“ヤツ”を大暴れさせないと格好がつかんのです。

根つめてショボーンな出来にしたくないですし。
そんな訳でして、続きは1/7(月)になります。

あ、当然

“年末のゴタゴタ”の中にはコミ(ry

「アイ・アム・レジェンド」観ました。

「空の境界」に続いて連日映画館w

むしろこれに「バイオハザード」のタイトル付けてください。
最近観にいった洋画は微妙なものが多い中、比較的楽しめました。

洋画の「バイオハザード」は圧倒的な火力でゾンビをなぎ払うため、
ゲームのアイデンティティである

“限られた弾薬の中で繰り広げる、極限の生還サバイバルホラー”

を完全に無視してくれましたが、むしろこっちが「バイオハザード」でした。
いろんな“意味”で。

まぁ、バイオ名乗るにはこの「アイ・アム・レジェンド」も、
設定にいろいろ無理がある作品ではありますが(^ ^;

お次は月末の「空の境界 第二章」か「エイリアンvsプレデター2」
ですかね?ヽ^シ'ω')ノシ

「劇場版 空の境界/第一章 俯瞰風景」観ました。

最初は、一時間弱、全7部編成なので、正直大丈夫なのだろうか? 
と思っていたのですが、実際第一章を見て……

OK、7回だろうが10回だろうが

  映画館通ってやる。


と思いましたヽ( ´ー`)ノ
日本のアニメーションここにありヽ^シ'ω')ノシ

絵がとにかく綺麗で、眼球の水分の揺れや、床の凹凸を伝う血など、
ああ、陳腐な言葉でしか表現できないなコンチクセウw

会場で音楽が梶浦由紀(See-Saw)だったことも知り、案の定、
音楽も大満足。CMの主題歌の時点でかなりツボってましたヽ^シ'ω')ノシ

原作は未読ですが、内容は存分に楽しめました。
同人版が未読なばかりか“アレ”がまだ未開なのよね……。


20071215133513.jpg


ホント、我が収集癖には感心するというか呆れるというか(;´Д`)


よくやった過去の俺w


まぁ、天寿まっとうするまで未開封の可能性がありますがw


月箱も(ぉ


まぁとにかく、原作知らない人も一度観ておいて損はないと思います。
なんか原作知ってるとさらに楽しめるようですが。

しかし、以前の記事にも書いたとおり、チケットの予約すら容易ではない。
当日券なら立ち見できればラッキーという状況です……。

もう公開して二週間なるのに……。
公開映画館少なすぎですよ……。

金曜の9:15の新宿テアトルで見たんですが、
ネット予約では開始5分でSOLD OUT(;´Д`)

開始早々、中央スクリーンが黄色表示(残席僅か)になったので、
早々に中央を諦めて右横の席に切り替えました。

テアトル新宿はそんなに広くないので、横でも充分でしたが。
土・日はネット予約すら出来ませんのでご注意を。

これはDVDで済まそうとか考えてたらもったいないですよーヽ^シ'ω')ノシ

そして12/29に一章、二章オールナイト連続公開の予定が……。
いったい、その後、何人がそのままコミケ直行するのか(;´Д`)

なんという良質なツンデレ

白泉社編集部……というか、

花ゆめ編集部は

 小一時間問い詰めるから、

       そこに座りなさい。



 
キスよりも早く
              著・田中メカ

 

あらすじを簡単にいいますと、



両親を亡くした姉弟。
身よりもなくて学校も行かずにフラフラしている所を、姉の担任に保護される。
そこで大喧嘩。
「だったらあたしと結婚してやくなってくれるのっ!?」
「ああしてやるよっ!!!」
売り言葉に買い言葉で、担任とケコーン。
幼妻は毎回違うコスプレで「お帰りなさいアナタ」。
それの引き換え条件で担任は夕食を作る(昼の疲れが吹っ飛ぶそうだ)。

そしてこのヒロインはぢつに良質なツンデレであり……



なぜ「ヤングアニマルあいらんど」に載せませんか。

読み切りでいいから一本載せてみなさい悪いことは言わないから。
なんなら別に書き下ろさないで第一話だけでも載せてみなさい。


悪いことは言わないから。

「LaLa」が悪いとは言いませんが、「あいらんど」に載せれば破壊力は
通常の三倍です。

マーケティング間違えてますよヽ(`Д´)ノ
作者も読み切り(第一話)が連載になるとは思っていなかったようで……


これだけ良質なツンデレ書いて何を言いますかwww

ここら辺の層の琴線鷲掴みです。
ツンデレ好きは悪いことは言いません。


買いなさい。 (命令形!?Σ( ̄口 ̄)

「TYPE-MOON」コンボの予定が|||〇| ̄|_

大甘でした|||〇| ̄|_

 
今日、新宿テアトルで「空の境界」観て、その足で秋葉原の
「Fate/Unlimited Codes」のロケテストに行く予定だったんです。

で、前日にまたネット予約でチケット取ろうとしたのですが、


土日公開分は予約できません⊂⌒⊃。Д。)⊃



大変混雑がどうたらこうたらと。もう公開一週間なのに……。
公開映画館が少なすぎなんですよ(;´Д`)

土日観にいっても映画館に入れない可能性高いなぁ……。
金曜の公開分のチケット予約して、来週観にいくとしますか(´・ω・`)

 | HOME | 

《プロフィール》

真神 剣輔

Author:真神 剣輔
携帯ゲームサイトの【開発】ディレクター。
最近【運営】のウェイト重めですが
(´;ω;`)

《はじめに》

案内事項

《カウンター》

《QRコード》

QR

携帯からも見られますヽ^シ'ω')ノシ

《最近のコメント》

《カテゴリー》

《アーカイブ》

《ブログ内検索》

《RSS》

《リンク》

このブログをリンクに追加する                   ※順不同敬称略m(__ __)m

《Amazon》

《魔法使いの夜》

『魔法使いの夜』応援バナー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。