Delta in the Darkness

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ひぐらし小説大賞 奮戦記]その末路

やっぱりコレはいかんかった……。

※若干ネタバレ有。「祭囃し編」読了推奨。  


字数の関係で削った部分を復帰させた完全版を作成するうちに、
やっぱりコレはいかんかったと気づいた。

この作品で一次通過は無理。

普通の同人誌として発行したり、
アンソロジーに掲載されたりする分にはなんら問題はないと思う。

自分の言うのもなんだが、予想外に上手く出来上がった。
ただ、これを他人と競う場に出しては……絶対に勝ちあがれない……。

以前、ここで少し二次創作の利点に“予め確立している作者と読者の共有認識”
があると言ったが、パロディに走りすぎるということは、ここがロコツに見えてくる。

なんせ、私は作中で……

20071104215040.jpg



『その声は、後悔と苦渋を知る者にしか出せない重みがある』


数え切れない世界で後悔した。


   いつも、気付くときには手遅れだった。



私が、ずっとずっと、


   一番伝えたかった言葉を言うよ。



















梨花ちゃん、





















        君を、





























20071104215252.jpg






どぉぉぉぉぉんッッッ!!



まで使ったのだっっ!!


もうね、あれですよ。

ト レ ー ス ・ オ ン    ド ラ ゴ ン ラ ン ス
投影、開始で竜騎士07の槍
を複製して勝負を挑んだようなものですよ。

当然、投影品なのでランクは落ちますよ。士郎なら1ランクダウンで済みますが、
自分なら*ランクダウンですよ?

しかも他の参加者は、

自 分 の 武 器
干将莫邪で戦ってるのにですよ?

この雑種が!! しょせんは贋作者だとどッかの王も罵りますよ。

まぁ、話し変な方向に逸れましたが……(;´Д`)

既に読者と共有しているカタルシスの利用は有効な手法ですが、
こんな場でやっていいわけがない……。

このシーンのカタルシスを生んだのは竜騎士07先生であって、
私ではない……。

完全に戦術を誤った(;´Д`)
いやぁ、本人、楽しんで書いてたのですよ。

このシーンが書きたいから

         書いたようなものですよ⊂⌒⊃。Д。)⊃


今回はいろいろといい勉強になりました。

今後どっかに投稿をするなら、いろいろ考えねば……。
募集元が何を求めてるのかとか、読者層はどのあたりになるのかとか……

考えてみれば当たり前のことですよ?

今まで意識はしていたが……ここまで明確に、
“人に見せるために書く”というのを意識したことはなかったなぁ……。

この企画、またやりたいなぁ……。
第三回やんないかなぁ……。

補足・多分イリーに使わせた固有結界もまずかっt

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://deltainthedarknes.blog96.fc2.com/tb.php/69-214a4c84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

《プロフィール》

真神 剣輔

Author:真神 剣輔
携帯ゲームサイトの【開発】ディレクター。
最近【運営】のウェイト重めですが
(´;ω;`)

《はじめに》

案内事項

《カウンター》

《QRコード》

QR

携帯からも見られますヽ^シ'ω')ノシ

《最近のコメント》

《カテゴリー》

《アーカイブ》

《ブログ内検索》

《RSS》

《リンク》

このブログをリンクに追加する                   ※順不同敬称略m(__ __)m

《Amazon》

《魔法使いの夜》

『魔法使いの夜』応援バナー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。